「めまい」や「耳鳴り」に襲われ、無理をしていませんか?

サプリメント・漢方薬
スポンサーリンク

「めまい」や「耳鳴り」に襲われ、無理をしていませんか?

こんにちは。まゆりんです。

忙しい毎日のなかで起こってしまう「めまい」や「耳鳴り」。

あなたは、外出先や、仕事の最中に襲われ、無理をしていませんか?

日常での「めまい」は、頭痛と同じようにありふれたものなので、日常生活の中でも体験する事が多い症状なんです。

あまりに身近な症状なため、軽く扱われがちですが、目が回ったり、ふらふらして体のバランスがうまくとれない状態になり、気持ちが悪くなって吐き気がしたり、生活に支障をきたす場合があるんですよ。


 

 

日本めまい平衡医学会では、めまいの専門知識と医師を掲載!

日本めまい平衡医学会では、症状があるとき、また説明が必要な時は、専門医療機関を受診するよう呼びかけているんです。

「めまい」は様々な病気で自覚する症状なのでどの診療科を受診したら良いか迷うことが多いですが、聞こえが悪くなっていたり、「耳鳴り」がしたり,耳がつまった感じがするときには、耳の平衡器官によるめまいの可能性が高く、日本めまい平衡医学会では、耳鼻咽喉科を受診するよう呼びかけているんです。

意識が遠のいたり、物がふたつに見えたり、ろれつが回らなくなったり、手足の麻痺があるときには、脳の障害によるめまいの可能性があるので、日本めまい平衡医学会では、神経内科や脳外科を受診するよう呼びかけているんですよ。

「めまい」のみでも様々な病気が考えられるので、日本めまい平衡医学会では、耳鼻咽喉科、神経内科、脳外科等を受診するよう呼びかけているんです。

日本めまい平衡医学会では、「めまい」を専門としている全国の医師のリストが掲載されているんですよ。

自律神経の不安定も大きくかかわっているメニエール病!

あなたは、周りで音がしていないのに耳の中でキーンという音やジジジというような不快な音が聞こえたことはありませんか?

「めまい」や「耳鳴り」って、周りには聞こえないために、他人には理解されにくく、本当に辛いんです。
「めまい」や「耳鳴り」が続くと、人と話すことが苦痛になり、外出するのが億劫になってしまうし、夜になれば、睡眠の邪魔をし、体調不良につながってしまうんですよ。

60代後半の知人は、「めまい」や「耳鳴り」がひどく、医師の診察を受けるとメニエール病と診断されたんです。 

 

f:id:mayurin2018:20180925105138j:plain

 

メニエール病の内耳性めまいの発症には、自律神経の不安定が大きくかかわっているといわれているんですよ。

自律神経を安定させるためには、夜更かしや暴飲暴食などを避け規則正しい生活をすることが必要なんです。

精神的なストレスも自律神経を不安定にするので、精神的な面でもゆとりのある生活をすることが予防となるんですよ。

運動は内耳や脳を刺激し活性化して、老化するのも防止するので、歩くなどして、足腰を鍛えるのが良いと日本めまい平衡医学会では、呼びかけているんです。

「めまい」や「耳鳴り」には漢方薬がよく使われる!

 「めまい」や「耳鳴り」には漢方薬がよく使われるんですよ。

漢方医学では「気・血・水」のバランスが崩れ、頭や耳の周りで「水」の流れが滞り、「めまい」や「耳鳴り」につながると考えられているためです。

 

f:id:mayurin2018:20180925105158j:plain

 

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯(しょうかんせん りょうけいじゅつかんとう)

漢方薬の 生漢煎 苓桂朮甘湯 (しょうかんせん りょうけいじゅつかんとう)は、体内の「水」の滞りに働きかけて、めまいや耳鳴りを改善する薬なんですよ。

 生漢煎 苓桂朮甘湯は、効果が認められた第二類医薬品で、「めまい」や「耳鳴り」のほかにも頭痛、動悸、息切れ、神経症などの改善にも効果があるんです。

生漢煎 苓桂朮甘湯 は、茯苓(ぶくりょう)、桂皮(けいひ)、白朮(びゃくじゅつ)、甘草(かんぞう)という天然由来の4種類の生薬が配合されていて、品質第一で国内で製造しているのが特徴なんですよ。

60代後半の知人は、メニエール病で、治療を受けても、なかなか「めまい」や「耳鳴り」が改善せず、辛い思いをしてきたんですが、私がプレゼントした 生漢煎 苓桂朮甘湯を飲むようになってから、日常生活を元気に送れるようになったんです。 

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯の飲み方

生漢煎 苓桂朮甘湯 の飲み方は、至って簡単なもので、食前、または食間に水かお湯で飲むだけなんです。

ちなみに、「食間」とは、食事と食事の間のことで、前の食事から2~3時間あとのことを差すんですよ。

1回量は1包で、1日3回飲めばいいので、60代後半の知人は、食前に必ず、飲むように心がけているんです。

天然由来の生薬を使用するため、副作用が少なく、体のバランスを整えてくれたんですよ。 

f:id:mayurin2018:20180925105220j:plain

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯が必要な方!

・神経過敏

・神経症

・息切れ

・動悸

・頭痛

・立ちくらみ

 

f:id:mayurin2018:20180925105236j:plain

 

まとめ

60代後半の知人は、「めまい」や「耳鳴り」の症状がツラく、ずっと憂鬱な日々を送っていたのですが、 生漢煎 苓桂朮甘湯 を飲むようになってから、日常生活を元気に送れるようになったんです。

漢方なので優しく作用していくため、時間はかかりますが、知人の場合、2〜3ヶ月くらいから「めまい」や「耳鳴り」の頻度が下がってきたんですよ。

通常なら12,800円(30日分)のところ、初回限定で特別価格5,900円で購入できるので、つらい症状から解放されたい人は、ぜひ一度生薬の力を試してみませんか?

▼ ▼

 

さあ、あなたも一歩を踏み出して、精神的にも肉体的にもつらい「めまい」や「耳鳴り」の症状から解放されませんか? 

 

▼ ▼

 

①NHKの「ためしてガッテン」で紹介された眩暈(めまい)を50%以上の確率で治す方法を取り入れた快眠アイテム

②自宅で簡単にできる耳鳴り・めまい解消法

③木内式めまい改善術

コメント