「めまい」や「耳鳴り」に襲われ、無理をしていませんか?

美容・健康

「めまい」や「耳鳴り」に襲われ、無理をしていませんか?

こんにちは。まゆりんです。

忙しい毎日のなかで起こってしまう「めまい」や「耳鳴り」。

あなたは、外出先や、仕事の最中に襲われ、無理をしていませんか?

日常での「めまい」や「耳鳴り」は、あまりに身近な症状なため、軽く扱われがちです。

でも、ひどくなると生活に支障をきたす場合があるので、安静にしてしばらく様子を見ましょう。

症状がおさまらなかったり、気が遠くなったり、頭痛がしてきたり、物が二重に見えてきたりしたら、早めに医師の診察を受けてくださいね。

 

メニエール病

あなたは、周りで音がしていないのに耳の中でキーンという音やジジジというような不快な音が聞こえたことはありませんか?

「めまい」や「耳鳴り」って、体験した人にしかわからないものですよね。

周りには聞こえないために、他人には理解されにくく病院でもこれといった治療法がないので、本当に辛いんです。
「めまい」や「耳鳴り」が続くと人と話すことが苦痛になり、外出するのが億劫になってしまいます。
夜になれば、睡眠の邪魔をし、体調不良につながってしまうんです。

60代の知人は、「めまい」や「耳鳴り」ひどく、医師の診察を受けるとメニエール病と診断されました。

メニエール病の原因は、内耳にある三半規管と蝸牛を満たす内リンパ液が増えすぎることが関係していると考えられています。

内耳には、体のバランスをとる三半規管や耳石器、音を感じ取る蝸牛などがあり、これらは内リンパ液という液体で満たされています。

この内リンパ液が増えすぎると、三半規管の働きが障害されてめまいが起きます。

また蝸牛にも影響して難聴や耳鳴りが起こります。
内リンパ液が増えすぎるのは、ストレスが関係しているのではないかと考えられています。

睡眠不足や疲労がたまっていたり、ストレスをためやすい人に起こりやすい傾向があります。

f:id:mayurin2018:20180925105138j:plain

気・血・水

日常での「めまい」や「耳鳴り」の根本は、「気・血・水」のバランスの崩れなどが原因として起こることが多いと言われています。

私たちの体内では、それぞれが重要な役割を果たしており、それらのバランスが崩れることで不調が生じると考えられています。

東洋医学には、体を構成する要素として「気血水」という考え方があります。

f:id:mayurin2018:20180925105158j:plain

・気は、エネルギーのこと。生命活動の原動力となるものを指します。
・血は、血液とその中に含まれる栄養素のことを指します。
・水は、血液以外の体液。リンパ液や汗、鼻水なども含まれます。

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯

60代の知人は、「めまい」や「耳鳴り」で辛い思いをしてきましたが私がプレゼントした、第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯 のおかげで人生が変わりました。

あなたは、 第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯 をご存知でしょうか?

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯 (りょうけいじゅつかんとう)は、「気」を補って動悸、のぼせの症状に用いられるとともに、 4つの生薬処方で水分の偏在を調整して溜まった「水」をとり除きます。

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯 飲み方

第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯飲み方は至って簡単なものなんですよ。

食前、または食間に水かお湯で飲むだけなんです。

ちなみに、「食間」とは、食事と食事の間のことで、前の食事から2~3時間あとのことを差すんですよ。

1回量は1包で、1日3回飲めばいいので、私の友人は、食前に必ず、飲むように心がけています。

f:id:mayurin2018:20180925105220j:plain

こんなお悩みのあるあなたにお勧め

・神経過敏

・神経症

・息切れ

・動悸

・頭痛

・立ちくらみ

f:id:mayurin2018:20180925105236j:plain

 

お電話でのお問い合わせ

0120-50-1068

受付時間:9:00~17:00(土日祝除く)

まとめ

私の友人は、「めまい」や「耳鳴り」の症状がツラく、ずっと憂鬱な日々を送っていましたが、 第2類医薬品 生漢煎 苓桂朮甘湯で改善できて本当に良かったです。

さあ、あなたも一歩を踏み出して、精神的にも肉体的にもつらい「めまい」や「耳鳴り」の症状から解放されませんか?

⇩ ⇩

コメント