耳の中でキーンという音やジジジという不快な音が聞こえませんか?

美容・健康
スポンサーリンク

耳の中でキーンという音やジジジという不快な音が聞こえませんか?

こんにちは。まゆりんです。

忙しい毎日のなかで起こってしまう「めまい」や「耳鳴り」。

あなたは、外出先や、仕事の最中に襲われ、無理をしていませんか?

日常での「めまい」や「耳鳴り」は、あまりに身近な症状なため、軽く扱われがちです。

でも、ひどくなると生活に支障をきたす場合があるので、安静にしてしばらく様子を見ましょう。

症状がおさまらなかったり、気が遠くなったり、頭痛がしてきたり、物が二重に見えてきたりしたら、早めに医師の診察を受けてくださいね。

 

メニエール病

あなたは、周りで音がしていないのに耳の中でキーンという音やジジジというような不快な音が聞こえたことはありませんか?

「めまい」や「耳鳴り」って、体験した人にしかわからないものですよね。

周りには聞こえないために、他人には理解されにくく、病院でもこれといった治療法がないので、本当に辛いんです。
「めまい」や「耳鳴り」が続くと人と話すことが苦痛になり、外出するのが億劫になってしまいます。

f:id:mayurin2018:20190302143545j:image

夜になれば、睡眠の邪魔をし、体調不良につながってしまうんです。

60代後半の友人は、「めまい」や「耳鳴り」がひどく、医師の診察を受けるとメニエール病と診断されました。

メニエール病の原因は、内耳にある三半規管(さんはんきかん)と蝸牛(かぎゅう)を満たす内リンパ液が増えすぎることが関係していると考えられています。

蝸牛(かぎゅう)とは、内耳にあり聴覚を司る感覚器官・蝸牛管が納まっている、側頭骨の空洞のことを言うんです。

蝸牛管を指して蝸牛(かぎゅう)と言うこともあるんですよ。

蝸牛管は中学・高校の生物では、うずまき管と呼ばれるんです。

f:id:mayurin2018:20190302143625j:image内耳には、体のバランスをとる三半規管(さんはんきかん)や耳石器、音を感じ取る蝸牛(かぎゅう)などがあり、これらは内リンパ液という液体で満たされています。

この内リンパ液が増えすぎると、三半規管(さんはんきかん)の働きが障害されてめまいが起きるんです。

また蝸牛(かぎゅう)にも影響して難聴や耳鳴りが起こるんですよ。
内リンパ液が増えすぎるのは、ストレスが関係しているのではないかと考えられているんです。

睡眠不足や疲労がたまっていたり、ストレスをためやすい人に起こりやすい傾向があるんですよ。

気・血・水

日常での「めまい」や「耳鳴り」の根本は、「気・血・水」のバランスの崩れなどが原因として起こることが多いと言われています。

私たちの体内では、それぞれが重要な役割を果たしており、それらのバランスが崩れることで不調が生じると考えられているんですよ。

東洋医学には、体を構成する要素として「気血水」という考え方があります。

・気は、エネルギーのこと、生命活動の原動力となるものを指します。
・血は、血液とその中に含まれる栄養素のことを指します。
・水は、血液以外の体液、リンパ液や汗、鼻水なども含まれます。

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】

60代後半の友人は、「耳の中でキーンという音やジジジという不快な音が聞こえて、眠れない」と悩んでいたので、耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】を紹介してみました。

すると、友人は、耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】を長く飲み続けることで、日常生活を元気に送れるようになったんです。

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の漢方処方は、漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」、「金匱要略(きんきようりゃく)」に記載されている漢方薬なんですよ。

4種の生薬が水分バランスを整え、耳鳴り・めまいを改善することが知られているんです。

▼ ▼

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の飲み方

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の飲み方は、至って簡単なものなんですよ。

1回量は4錠で、1日2回飲めばいいので、食前に水かお湯と一緒に飲むだけなんです。

60代後半の友人は、朝食前と夕食前に必ず、飲むように心がけているんですよ。

成人(15歳以上)だと4錠、15歳未満だと、2錠、5歳未満は服用できないんです。

病院で出される「高血圧、浮腫、じんましん、慢性肝疾患などの薬」の中には、 併用できない薬があるので、友人は、耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の薬剤師に相談したり、医師に相談して飲んでいるんですよ。

漢方薬って、「煎じ薬」が多く、液状の飲み薬だと苦くて飲みづらいし、顆粒にしても苦味が抑えられないし、カプセルだと、 大きくて飲みづらいんです。

でも、耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】って、漢方エキスを 直径8 mm、幅5 mmの小さな錠剤にすることで 苦味も感じず飲みやすくすることができたんですよ。

製品名 聴命箋
リスク区分 第2類医薬品
効能・効果 体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏
用法・用量 次の量を食前又は食間に服用して下さい。(食間とは,食後2~3時間を指します。)
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:2回
15歳未満:2錠:2回
5歳未満:服用しないで下さい
成分分量 12錠中
成分:苓桂朮甘湯エキス(1/2量) 分量:1000mg 内訳:(ケイヒ2g、ブクリョウ3g、カンゾウ1g、ビャクジュツ1.5g
添加物 ステアリン酸マグネシウム、カルメロースカルシウム(CMC-Ca)、セルロース、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、水酸化アルミナマグネシウム、乳糖

相談必須!耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】

(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の副作用

高血圧、心臓病、腎臓病の方は、皮ふの発疹、発赤、かゆみ、尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛の副作用がある場合があります。

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】が必要な方

・立ちくらみ

・めまい

・頭痛

・耳鳴り

・動悸

・息切れ

・神経症

・神経過敏

 

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の口コミ

悪かった評判

・即効性がなく、短期間では効果は出ない。

・初回でも5,980円(税込6,458円)と高額なのに、二回目以降は9,800円(税込10,584円)とかなり高額。

・「めまい」や「耳鳴り」は治らなかった。

・効果には個人差があるため、続けても効果がなかった。

良かった評判

・「めまい」や「耳鳴り」の頻度が下がった。

・「めまい」や「耳鳴り」が改善した。

・飲み続けるのが苦痛ではなかった。

・頭痛の頻度が下がった。

・日常生活を元気に送れるようになった。

 

耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】の問い合わせ

フリーダイヤル:0120-249-073

平日・土日:10時から18時まで

毎日元気に過ごせるリアルメイトのハチの子800+

私は、60代後半の友人にいつまでも若々しく、毎日元気に過ごしてほしいと思い、リアルメイトのハチの子800+ を紹介してみました。

リアルメイトのハチの子800+ は、耳鳴り・めまいの薬ではなく、あくまで栄養補給が目的なので、漢方薬と一緒に飲んでも問題はないんです。

蜂の子とは、蜂のさなぎや幼虫のことなんですよ。

中国では、蜂の子が耳鳴り・めまいが改善すると言い伝えられてきました。

作用のメカニズムは不明な点も多い蜂の子ですが副作用のない健康食品として耳鳴り・めまいに悩む友人のお守りになっています。

必須アミノ酸をはじめ豊富な栄養素を含むリアルメイトのハチの子800+ を1日4粒飲むことで、友人は、いつまでも若々しく毎日元気に過ごすことができました。

f:id:mayurin2018:20190318154733j:plain

リアルメイトのハチの子800+の問い合わせ

フリーダイヤル 0120-456-155
受付時間 平日9:00~17:00(土日祝日は休業)

▼ ▼

まとめ

60代後半の友人は、「めまい」や「耳鳴り」の症状がツラく、ずっと憂鬱な日々を送っていました。

寒い時、疲れた時、「めまい」や「耳鳴り」の症状が特にツラかったのですが、 耳鳴り・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】を飲むようになってから、日常生活を元気に送れるようになって、本当に良かったです。

漢方なので優しく作用していくため、時間はかかりますが、友人の場合、2〜3ヶ月くらいから「めまい」や「耳鳴り」の頻度が下がってきました。

▼ ▼

さあ、あなたも一歩を踏み出して、精神的にも肉体的にもつらい「めまい」や「耳鳴り」の症状から解放されませんか?

▼ ▼

①NHKの「ためしてガッテン」で紹介された眩暈(めまい)を50%以上の確率で治す方法を取り入れた快眠アイテム

②自宅で簡単にできる耳鳴り・めまい解消法

③自宅で出来る頭痛・めまい解消法

④木内式めまい改善術

コメント